« December 2007 | Main | February 2008 »

01/27/2008

最南端のファミリーマート

R0012560
空港に戻る途中、日本最南端を発見。

R0012561
普通のファミリーマートだけど、記念写真撮影コーナーがあったりした。

R0012562
きょうのおやつ!
ポーク玉子ウマー。
森永ヨーク、初めて飲みました。さっぱりしていて美味い。

与那覇前浜ビーチ

R0012554
与那覇前浜ビーチにきました。
延々と7kmも続く真っ白い砂浜は東洋一といわれ、きめ細やかな白砂と透き通った
コバルトブルーに輝く海とのコントラストは目を見張る美しさなんだそーです。

Img_5338
冬だから人っ子1人いなくて静かなのかと思ってたら、バナナボートや
ウェイくボードを引っ張るジェットスキーが数台いてブンブンと
賑やかでした。


R0012557
それに真冬でも泳いでいるヤツもいました。
さすがに寒くないのかね。やせ我慢ですかー?

前浜農村公園

R0012545
宮古島側の来間大橋のたもとにある前浜農村公園に来ました。
砂浜の砂が白い!なんかトロピカルですわー。

Img_5337
逆光海面。キラキラしてる。

R0012546
貝殻発見。

01/25/2008

来間大橋

R0012531
宮古本島と来間島を結ぶ来間大橋に来ました。
先ずは一気に来間島に渡る。

R0012535
来間島の展望台に到着。
”採択記念碑”なる、謎の記念碑発見。

R0012536
晴れてきました。
エメラルドグリーンに浮ぶ大橋を一望。
風が強かったですが、なかなかの絶景。

Img_5324
宮古島の海ってホント蒼いですわー。

R0012543
一気に宮古島に戻ります。

01/20/2008

宮古島市熱帯植物園

R0012529
熱帯植物園に来て見ました。
食後と寝不足のせいで睡魔に襲われ、植物園の駐車場で
30分ほど昼寝。日向だったので窓を閉め切って寝ていると
暑い位だった。

R0012524
魔除けのシーサーが入り口を見守ってた。

R0012523
「こんな冬に花なんか咲いてねえだろ」っと思っていたんですが
ブーゲンビリアが咲き誇っていました。さすが亜熱帯の島。

R0012525
こんな花も咲いてました。名称不明。

R0012526
デイゴ並木もあったりする。

R0012527_2
園内は一見すると整備されてる感じですが、所々 草が生茂っていたり
道が途中で途切れていたりと、なかなか大雑把な感じの植物園でした。

ひるごはん

R0012522
市街地まで戻ってきて、コンビニ飯に甘んじようかと
思いましたがそんな事は自分に許されないので
宮古島タウンガイドでリサーチ開始。
宮古そばの人気店、古謝そば屋にしました。

R0012521
そばセットをチョイス。
宮古そば、じゅーしー、小鉢、もずく、食後のドリンクもセットで付いてます。
製麺所直営店だけあって、そばが美味しい。じゅーしーに小鉢も美味い。
大変満足でした。

■古謝そば屋
宮古島市平良字下里1517-1
0980-72-3421
11:00~20:00(ラストオーダー)

島尻のマングローブ林

R0012508
宮古諸島最大のマングローブ群落です。

R0012509
日本の風景とは思えないと思った。
東南アジア系の風景ですな。

R0012516
マングローブにも種類があって、宮古列島に群落している
5種全てが生えているそうです。

R0012517
遊歩道が整備されていて、簡単にマングローブ林の中を歩いて
見て周れます。

R0012519
潮が引いてる時間だったので、地表にはカニが多数見て取れました。
鳥もかなり生息している感じでした。

01/16/2008

西平安名崎

R0012498
岬に来ました。

R0012503
こんな感じの小さな公園に整備されてます。

R0012500
時折、日が差し込むと海がエメラルドグリーンに
色が変わりますな。見ていて楽しい。

R0012504
奥に薄く見えるのが池間大橋。

R0012506
風力発電施設もあったりする。ごうんごうんと発電してました。

01/14/2008

池間大橋

R0012493
最初は池間大橋に来ました。離島架橋ってヤツです。
水際まで行こうとしたら、石段で滑って負傷。幸先が良くなかった。

R0012496
勢いで池間大橋を渡って、池間島を1周して戻りました。
特に感想なし。

01/13/2008

R0012490
車は思っていたより走っている。
公共交通機関が貧弱の様なので車社会なんですな。

R0012491
市街から完全に外れるとサトウキビ畑が広がります。

R0012488
行き先が決まったので走り始めます。

R0012489
市街地に程近い所でも緑が豊かでした。

さんぴん茶

R0012487
レンタカー屋で車をピックアップして、近くのコンビニの駐車場で
さんぴん茶を飲みながら1人作戦会議。
今回は下調べをしないで来ているのでレンタカー屋で貰った
宮古島タウンガイド”を大いに活用しました。

地元誌らしい、いろいろ細かな情報が載っていたのでなかなか良いと思った。
”るるぶ”や”まっぷる”より断然ヨイ!

本日のレンタカー

R0012507
今回は航空券とレンタカーをセットで予約しました。
バラバラで予約するより¥1,500ぐらい割引になります。
日産レンタカー・キューブを予約しておきました。

宮古空港

R0012485
JTA021便機内ではほとんど寝てた。

羽田空港より約3時間20分で宮古空港に到着。

空港到着ロビーでレンタカー会社の人と合流。

羽田空港

R0012481
2007.12.08~2007.12.09で宮古島・沖縄本島へ行ってきました。
12月8日早朝の羽田空港。

R0012483
JTA0021便搭乗待ち中。早朝過ぎて誰も居ない、朝06:00の待合ロビー。

01/03/2008

到着

R0012474
というわけで成田に到着。
今回の旅日記はこれにて終了です。

2007.11.09-2007.11.14

United 853便

R0012461
帰りの便はB777でした。

R0012468
離陸後のドリンクとお菓子。

R0012471
離陸後の朝食。
・テリヤキ(?)風味の鶏肉ロースト、野菜ミックスご飯
・ガーデンサラダ
・ケーキ
そんなに悪くありませんでした。

R0012472
途中の軽めのスナック。
お腹いっぱいでポテトチップスには手を付けませんでした。

R0012473
着陸前の夕食。
・ペンネパスタ マリナラソース
・フレッシュフルーツ
・甘い菓子パン

ペンネパスタ不味い!と言いつつ全て食べた。
乾いた機内でのフレッシュフルーツはうれしい。

SFO-NRTの飛行時間は約12時間。
やる事がなさ過ぎてヒマー。

サンフランシスコ国際空港その2

R0012455
国内線ターミナルから国際線ターミナルに移動します。
普通はセキュリティチェックを受けて国際線ターミナルに移動しないと
ならない様ですが、ショートカットできる方法があります。
"International Connections" というユナイテッドのシャトルバスに乗る方法。

R0012459
入り口で航空券を見せて一旦エプロンに出てバスに乗ります。
約数分で国際線ターミナルに到着。セキュリティチェックが面倒な時は便利だと思った。

R0012463
国際線ターミナル。
国内線ターミナルの方が食べ物・お土産(免税品以外)・書籍関連は充実してますな。

R0012464
モトローラのケータイ自販機発見。
ななななんかスマートフォンを400USDで売ってる。
欲しかったけど購入方法がよく判ら無い上に日本語化できるか未知数だったので購入断念。

R0012467
だいぶ時間が余ってたので、搭乗ゲートの前で寝ながら待ってました。

サンフランシスコ国際空港その1

R0012453
次便までの乗継時間が2時間以上あるので
国内線ターミナルをウロウロしてみた。

R0012458
外のエプロンはユナイテッド機ばかり。ユナイテッドのハブ空港なんですな。

R0012454
フードコート発見。なにか名物でも食べたいねぇ・・・。

R0012457
San Francisco Soup Companyのクラムチャウダー。
ちゃんとしたクラムチャウダーを初めて食べましたが、めちゃめちゃ美味い。
また食べたい。

United 1425便

R0012446
機材はA320でした。

R0012451
ラスベガスのストリップを眺めつつ上昇。

R0012452
海に近くなると雲が多くなってきた。
飛行時間 約1時間40分でサンフランシスコ国際空港に到着。

5日目あさごはん

R0012448
ターミナルDのスタバでヨーグルトとカフェラテを購入。
さすがに朝からバーガーキングとかシナボンは敬遠しました。
ヨーグルトがほんのり甘く、ストロベリーやラズベリーが入っている。
なかなか良い。

マッカラン国際空港

R0012439
既にチェックインを済ませて、手荷物も預けてあるのでやや身軽です。
ロサンゼルス経由で帰国するDさんと空港で別れました。

R0012441
ターミナルDへはトラムに乗って行きます。

R0012443
ターミナルDのエントランスにある大きなトカゲ。

デジカメ回収

5日目。レンタカー車内に忘れたデジカメを取り戻すべく
朝4:00に起床。素早く準備を整えて、ホテルからマッカラン国際空港へタクシーで向かう。

タクシーのドライバーが中国系のおっさんで
「娘が福岡に住んでるぞ!」「ネバタ州立大学に日本人留学生が
いっぱい来てるぞ。おまえも勉強しに来い。」とか言われる。
バリーズから10分ぐらいで空港に到着。

さすがに早朝、チェックイン機、カウンター共にほぼ並ぶことなく手続き終了。

ホテルに戻る為にタクシー乗り場に行くと、客待ちのタクシーは無し。
シャトルバスが1台ぽつんと止まっていたので、伺って見ると どうも
乗せて行ってもらえるらしい。(シャトルバスは24時間営業。)
「バリーズまで行ってくれい。」とお願いすると、隣のホテルの
パリスの玄関で降ろされました。日本語発音の「バリーズ」は
「パリス」は似ているらしい。パリス着、05:30。

ハーツカウンターの兄ちゃんに教えてもらった時間より1時間
早いが念の為、駐車場に行って見ると、ハーツの駐車エリアの
前に車を停めて作業しているおじさんが居た。
どうやらハーツのクリーニングスタッフらしい。

挨拶して「この車にデジカメを忘れた。キーを開けて欲しい。」と
お願いすると、バックからレンタカーのキーを出してくれた。
目出度くデジカメ回収。沢山お礼を言って大喜びしながら
部屋に戻りました。これで悔いはなくなった!!!!

不注意の所為でいろいろな方にご迷惑をお掛けしました。
この場を借りて御礼申し上げます。日本語で。

R0012433
部屋に戻ったらちょうど空が赤くなり出してました。

R0012436
帰りの航空券。ペラペラ感熱紙でした。

忘れ物

20071112151
レンタカー車内にコンパクトデジカメを忘れました。

ここで顛末をまとめる。
レンタカーをホテル内のハーツ駐車場に停めてキーロック。
ハーツのホテルカウンターにキーを返却しようと、持っていくと
カウンターの兄ちゃんに
「必要事項(走行距離数・ガスの給油有無)を書いて
駐車場のハーツの返却ボックスにキーを返却してくれ。」
と、言われる。

ボールペンを貸してもらう。

一旦部屋に戻り、駐車場へ。走行距離を確認して、キーを返却ボックスに返却。
ボールペンを返しに行ったら、握手付きの挨拶を頂く。

再び部屋に戻り、「デジカメのバッテリーを充電するかー」っとデジカメを探すと
手元に無い。慌てて車を見に行くと、後部座席にあるのを目視にて発見。

ハーツのホテルカウンターに申し訳無さそうな顔して
「車の中に忘れ物したからカギを貸して」と交渉したら
「私の権限だと返却ボックスを開ける事が出来ない。明日のカウンターの
オープン時間にならないと、開けられない」といわれる。
明朝08:00の飛行機で帰国なので、そんな時間はない。
なんとか食い下がってみると、
「明日の朝06:30頃に係の者がキーの回収に来る。
その人にコンタクトすれば開けてくれる。」
と教えてもらう。

同行のDさんに「コレクト便で送り返してもらえばええやん」とのアドバイス。
念のため、ハーツのコールセンターに電話して、キーの開錠と郵送を依頼して
もらうおうとしたが、
「申し訳ないがここでは対応できかねます。現地カウンターにお願いして欲しい。」
とのお返事。

ホテルのデスクにも電話。
「ハーツの事はハーツに言ってくれ。うちはハーツじゃねぇ!」
ぐらいの事を言われる。

帰国便の出発時間が08:00。
チェックイン、手荷物預け、セキュリティチェックに掛かる時間を
考えると、最低2時間前には空港に着いておきたい所。
06:30にハーツの係員にコンタクトしてから、空港に向かったのでは
帰国便に乗り遅れる可能性が高いので、早朝、先に空港に行き
チェックイン・手荷物を預けることにした。

仕方がないので、明朝、キー回収の人にコンタクトを図る方向で落ち着く・・・・。
筈でしたが動揺が大きすぎて 最終日夜は凹みまくった状態でした。
FASHION SHOW MALLで買い物して、荷物をパッキングしてから寝た。

4日目ばんごはん

20071112152
ホテル内のフードコートでピッツァでした。
めっちゃ疲れて、もうフラフラ状態。

R0012420
朝来た道を戻ります。

R0012424
United States Highway 95。
基本的にはまっすぐなので走りやすい。

R0012425
途中で高速道路を間違って下りてしまいました。
ごめんなさい。住宅地内でUターン。

R0012426
ストラトスフィアタワーが見えてきました。ゴールまであと少し。

R0012428
ホテル前の交差点。お疲れ様でした・・・。

デスヴァレー国立公園の出口

Img_5298
今度は1泊か2泊で訪れたいと思った。

Dantes View

R0012385
最後にダンテスビューという、デスヴァレーを一望できる
展望台に来ました。

R0012386
すげぇーーーーーー!!
日本では見ることの出来ない光景が広がってます。

R0012407
デスヴァレーの北端を眺める。デスヴァレー国立公園全体は長野県の面積と一緒らしい。
つまりは長野県の北半分を眺めているような感じ。

Img_5293
さっきのバッドウォーターが海抜下85.5m。
一気に標高1669mまで登って来ました。
バッドウォーターは暑かったですが、半袖だと少し肌寒いぐらい。

Img_5282
地球の景色とは思えないっと思った。

R0012411
道路標識。下りは10ノット(16km/h)の制限速度。
それだけ勾配がキツイ道路なので、運転も面白かったです。

R0012379
とにかく直線な道路。少しアップダウンがあったりする。

Img_5262
ちょっと道端に停まって見た。

Img_5265
谷底とは思えない空間 だと思った。

01/02/2008

Badwater

R0012358
次はバッドウォーター。塩水の池なので文字通り”Badwater”なのです。

R0012357
海抜下85.5m、西半球で最も海抜の低い地点だそうです。

R0012362
その昔は塩水湖だったのが干上がってしまい 塩の大平原が広がっています。

R0012364
マクロ写真。間違いなく塩だ。

R0012370
写真で見ると、雪が解け残った春先の光景みたい。

Devils Golf Course

次は悪魔のゴルフ場こと、Devil's Golf Courseにやってきました。

R0012340
塩が固まって結晶でぼこぼこになった地面が果てしなく広がってます。

R0012341
こんな地形でゴルフができるのは悪魔くらいだろうってことでこの名称が付いたらしい。

R0012343
ボコボコの表面はやはり岩塩でした。塩の結晶が見える。

« December 2007 | Main | February 2008 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

にほんブログ村

無料ブログはココログ