« April 2007 | Main | June 2007 »

05/27/2007

静浜基地航空祭その1

2007年5月13日に行われた静浜基地航空祭に行ってきました。
風が強かったですが、雨が降ることなく 予定通り執り行われました。

今回は自宅から車で参戦。0300時自宅出発、0600時大井川港臨時駐車場着でした。片道3時間。
大井川港臨時駐車場からはバスで20分程度でしょうか。バス待ち時間は往復共に30分程度でした。
もうちょっとバスの台数増やして欲しかったですなぁ。

R0010806
んー?芦屋のレッド塗装なのに尾翼には浜松のチェッカーマーク。
どっちかハッキリして欲しい件についてー!!

Img_4269
オープニングフライトのT-7。

Img_4315
これは今年の記念塗装機。

Img_4324
空だけではなく、地上でお編隊を見せてくれました。

Img_4351
浜松基地からT-4がリモート展示。
リモート展示なのに2機で機動飛行を披露してくれました。

Img_4376
目の前でタッチアンドゴー。滑走路が近いので大迫力。

Img_4420
F-15Jは小松基地から飛来。

Img_4426
今年はちょっと大人しめな内容でした。

05/19/2007

東京ドーム

R0010744
食後は試合です。BBH2。

R0010771
23:00で東京ドームシティ内のゲームセンターは営業終了。追い出されてしまいました。神保町のゲームセンターまで行きそうになりましたが止めておきました。コンビニでお酒買って来て、くつろぎつつ、深夜まで球団編成会議を開催。翌朝はチェックアウトギリギリまで部屋でゴロゴロしてました。

20070504062
午後は東京ドームシティ内のゲームセンターでずーっとBBH2大会を開催。ありえないぐらいの大勝利。排出カードもSPカードが多く満足でございます。

R0010786
夕方からは東京ドームで野球生観戦。今日は巨人-ヤクルトでした。座席がいい席でしたよ!指定S 24通路の席。すぐ後方は放送席。うひゃー。TBSブースに清水大輔アナとミスターパーフェクト槇原寛己、ミニFM放送局 Gfm ブースに上原さくら と クセ者 元木大介がいましたよ。

R0010789
席の左にはテレビ朝日のカメラが陣取ってピッチャーを狙ってました。

R0010790
ビールにプロ野球チップスをバリバリ喰いながらの観戦。視界が広くてよいです。その上、中継カメラの画面でTV中継の映像も見つつ観戦するという贅沢観戦仕様でした。

R0010802
近場での1泊でしたが、かなり楽しめた2日間でした。

ブラッスリー「ララチャイナ」

R0010739
夕食はホテル内の中華レストランでディナーブッフェ。GW中だけの特別プランの様です。

蟹とビールが美味い!

R0010738
中華レストランでは珍しく、オープンキッチン。調理している様子が見えます。北京ダックはブッフェ台でちゃんと作ってくれます。テーブルまで持って来てくれる点心やブッフェ台の饅頭・チマキなどの蒸し物系もなかなか美味。

R0010741
一番美味しかったのは四川麻婆豆腐。食べると体の内側からポカポカしてくる。ついついお代わりしてしまいました。また食べたい。

前菜からデザートまで K氏が呆れるほど食って1人/¥3500-ぐらいでした。変な飲み屋行くよりコストパフォーマンスは良いかもしれません。

■ ブラッスリー「ララチャイナ」

05/17/2007

東京ドームホテル

R0010686_1

今年のGW中は特に遠出はせず。水道橋で野球合宿・・・・・もとい、趣味について深く掘り下げてきました。K氏と協議の結果「宿泊で!!」と言うことになり、東京ドームホテルに1泊。

R0010688

東京ドームホテルは初めてです。ラグジュアリーホテルですが、それほど敷居が高くない感じが好印象。

R0010693
今回の客室は、ツインルームの1人使用。都心側の客室でした。でも最下層階の9階。せめて後楽園側だったら良かったのになぁ。

R0010691_1

R0010696

奥行きがあり、広めの作り。ソファーでもベットでも充分くつろげます。

R0010701

アイスペールがイイ感じです。

R0010706

シャワーブースは無いが、バスルームも広めの作り。アメニティも豊富でした。

■ 東京ドームホテル

05/06/2007

到着

R0010534
というわけで帰国。
今回の旅日記はこれで終了です。

2007.03.21~2007.03.25

成田空港

R0010531
定刻よりちょっと早い 18:30に到着。
成田は雨模様でした。

きょうのばんごはん

QF135の機内夕食。

R0010530
オレンジ・ニンジン・ほうれん草のサラダ、鶏肉入り焼きうどん、パン
コールドドリンク、コーヒーor紅茶。
焼きうどん、ソースやしょうゆではなくテリヤキソースで味付けされていました。
これは悪くは無い 組み合わせでした。意外とおいしい。

最終日は朝昼晩の3食がカンタス航空メシでした。

きょうのひるごはん

QF135の機内食。

R0010529_1
野菜サラダ、イタリア風ビーフ ホテトとカボチャ添え、パン、チョコレート
コールドドリンク、コーヒーor紅茶。

ポテトはパサパサしていて味が無い・・・。
カボチャは水分が多くてベチャベチャでした。もっとホクホクしてるかと思ったのに。
今回の旅行でのワースト食べ物は カンタスのカボチャでした。

QF135 (シドニー→東京)

げげげっ。QF135も満席でした。
機材はA330-300。アサインされた座席は59D。

・・・・。

2-3-2席配置の真ん中でした。
Webから”通路側”って事前アサインして置けばよかったが
もう後の祭りです。

R0010528
離陸後しばらくすると、ドリンクサービス。スナック菓子とドリンク。
オレンジジュースにしました。

8時間のフライトのうち、ビデオプログラム(Mythbusters)
映画(守護神、父親たちの星条旗)と読書をして過ごしました。
満席のA330-300はちょっと辛かったです・・・・。

シドニー・キングスフォード・スミス空港

R0010518
国際線ターミナルチェックインカウンター。
国内線ターミナルとは空気が違います。
本当はバスを降りて、そのまま出国審査に進めたのに
間違えてセキュリティゲートを出てしまいました。

R0010521
でっかいカエルさん発見。

R0010526
QF135 東京行き搭乗待ち中。

シドニー・キングスフォード・スミス空港

R0010504
バスの車窓から。カンガルーがいっぱい。

R0010507
整備地区を通り抜けて行きます。なかなかマニアック。

R0010516
国際線ターミナル側のエプロンに変わった柄のB747-400を発見。
前に雑誌で見た事があるようなないような・・・・。

シドニー・キングスフォード・スミス空港

R0010499
カンタス専用ターミナルに到着。

R0010501
ここで最後のラテをゲット。

R0010503
国際線ターミナル行きのバス待ち中。

きょうのあさごはん

QF400便の座席が28D席でした。機材はB767-200。
2-3-2席配列の真ん中。ちょっとショック。
満席だしチェックインが遅かったから仕方ないか・・・。
フライト時間は1時間20分。羽田-千歳ぐらいのフライト時間です。

機内食は無いだろうと思っていたのですが、離陸後には朝食がサービスされました。

R0010498
内容は、シリアル、牛乳、マフィン、バナナ、ミネラルウォーター+コーヒーor紅茶。
水物が多いですが意外とお腹が膨れます。
あと、機内サービスの紅茶がおいしかったのが印象的でした。

メルボルン=タラマリン空港

オーストラリア旅行最終日です。
メルボルン空港 06:00発 QF400でシドニーへ向かいます。

04:30に起きて、シャワー浴びて、05:00にはホテルをチェックアウト。
国際線ターミナルで香港経由で帰る Tさんとお別れして
カンタス国内線ターミナルに行ってみると・・・。

R0010495
定刻の1時間前になのにチェックインカウンター 大混雑でした。
日本の国内線ぐらいのつもりでいましたが、甘かったです。
出発15分前ぐらいになんとかチェックインに成功。

R0010497
こんな時に限って搭乗ゲートが一番遠いゲートだし。
朝から空港内をジョギングしましたよ。カメラ機材持って。

夜景

R0010493
ホテル客室からの眺め。駐車場が良く見えます・・・。

きょうのばんごはん

最終日ぐらいちゃんとしたご飯を食べましょう
っということで、ホテルのメインダイニング ”Airo Restaurant”へ。

R0010484
もう疲れて死にそうです。
お酒・前菜すっ飛ばして、イキナリ主菜をオーダー。
サーモンムニエル。茄子とトマトのソースがいい味してます。

R0010488
副菜のミックスベジタブル。
大き目の人参・ブロッコリー・コーンがゴロゴロ入ってます。

R0010487
マッシュポテトがかなり美味しい。

R0010492
デザートはホットチョコレート。

R0010490
こんどはちゃんと前菜から食べたいと思います。

きょうのお宿

R0010474
最終日は翌日の飛行機の都合で、空港に隣接した
Hilton Melbourne International Airport hotelに1泊。

フロントの笑顔の対応が印象に残った。エレベーターでは
ルームキーを認識させないと客室に上がれないのにビックリ。
こんなホテル初めてですわー。

R0010477
ツインルーム。

R0010480
プレステのコントローラーが伸びる謎のテレビ。

R0010481
このソファーはなかなか座り心地が良い。

R0010483
バスルームも広めの作り。
ツインルームなのにアメニティは1人分・・・。まぁいいですけどね。

R0010482
シャワーと浴槽が別々なのがうれしい。そこそこ広さで使いやすかったです。

スカイバス

AirShowから戻ってきて、預けていた荷物をピックアップ。

R0010468
空港に向かいます。

R0010472
オーストラリアの路線バスの照明はブラックライトでした。なんで?

Australian International Airshow 2007 その21

Img_4071
RAAF F/A-18Aのフォーメーションアタック!
国内じゃ編隊飛行なんてあたりまえだけど、ソロフライトばっかだったから
4機編隊でも迫力があった印象となります。

Img_4088
ショーセンターで4機ブレイクしてみたり、なかなか芸が細かいですな。

Img_4093
タッククロスをイイ感じで捉えたのにピントがボケボケ。
でも、もったいないので載せちゃう。

Img_4098
USAF F-15Cのフライトディスプレイ。
相変わらずハイアングル テイクオフがスゴイ!

Img_4102
昨日と変わらずのパワフルなフライトでした。

Img_4175
最後、着陸寸前にゴーアラウンド、ハイGターンのサプライズ課目を実施。
それってRAAFのホーネットの課目のパクリじゃん!でも即興でやっちゃうのがスゴイ。

Img_4184
4機編隊のホーネットがピッチアウト後に着陸。

Img_4188
RAAF 色付きホーネットも飛んでたんですな。

Img_4193
2日目のクライマックスは"Tin Stix of Dynamite-Juka & Pitts S2S"

Img_4226
Jurigis Kairys と Jim Leroyが大暴れw
撮ってるより観てるほうが断然楽しい!

Img_4229
爆薬をガンガン使ってフィナーレを締めくくりました。

R0010465
2日目のAustralian International Airshowはこれで終了。
日本国内のAirShowとは比べ物にならない位、濃密な1日でした。
大満足。さすがお金を払うだけの価値はあります。

Australian International Airshow 2007 その20

Img_3985
RAAF F-111Cのソロフライト。

Img_3987
ブラストが凄まじい。
ここまでハッキリと空気の揺らぎを見たのは初めてかも。

Img_4013
可変翼を閉じてのハイスピードパス。

Img_4038
"dump and burn"昨日に続いて今日もやっちゃうよ。

Img_4042
拡大トリミングしてみた。燃料投棄してる様子が良く判りますな。

Img_4045
ずーっと"dump and burn"したまま飛び続けてました。
RAAF、大判振舞ですな!

Img_4051
真っ黒な雲に向かって炎を曳いて着陸態勢へ。

Img_4058

Australian International Airshow 2007 その19

Img_3878
オーストラリア空軍のP-3C。
この国の哨戒機は海軍運用じゃなくて空軍なんですね。

Img_3900
B-52Hの"fly-bys"(プログラムにそう書いてあった。)
地上展示は見たことあるけど、飛んでる姿もデカイですな。
LAレターってBarksdale AFB所属機? グアムのAndersen AFB辺りからの飛来でしょうか。

Img_3909
カタリナ飛行艇のフライパス。

Img_3937
独特のデザインが印象的です。飛行艇はいいですな。

Img_3915_1

Img_3925
DC-3は3機連続で上空を通過。
古い機体ながらキレイに保存されますな、
うらやましい。

05/03/2007

Australian International Airshow 2007 その18

Img_3744_1
空賊だー!エアバンディッツも参加してました。

Img_3770
C-17のフライト。なかなかがんばります。

Img_3780
着陸後にオーストラリア国旗を掲げてました。

R0010456
当日の天気は曇りベース。時々晴れ間がのぞいたり雨降ったりと
目まぐるしく変わってました。夏のはずなのに寒い。風が冷たかった。
1人半袖で頑張っていましたが、寒くて辛かったです。
行く際は上着の類を持参することをお薦めします。

Img_3800
RAAF レガシーホーネットのフライト。

Img_3824
スピードが速いので追い撮りで気味になってしまいます。

Img_3833_1
フラップ・ギアダウン、スピードブレーキ上げてのローパス。

05/01/2007

Australian International Airshow 2007 その17

Img_3640
オーストラリア陸軍ヘリコプターのフライトディスプレイ。
これはブラックホーク。迷彩が米軍とも自衛隊とも違うのがいいですな。
偵察・輸送・攻撃の3機種がいっぺんに飛行。

Img_3642
偵察はカイオワヘリ。

Img_3645
攻撃はユーロコプター タイガー。

Img_3647
コブラともアパッチとも違う 独特のデザインがいいですな。

Img_3669
ボーイング F-18Fスーパーホーネットのフライトです。
機体はVFA-102から貸し出し。パイロットはボーイング。

Img_3672
離陸から大迫力!!!こんな離陸、国内じゃ拝めない!(たぶん)
F414-GE-400の推力のお陰なんでしょうか。ボーイングのパイロットの
腕がいいんでしょうか。

Img_3677
どかーん!!(マネしました。すいません・・・。)

Img_3696
時々のぞく晴れ間に合わせたかのように、激しくベイパーを
出して駆け上がります。

Img_3732
ナイフエッジパス。近い・早い・大迫力!!ライノ ブラヴォー!!

Australian International Airshow 2007 その16

Img_3513
Bob Carlton氏のジェットグライダー。
グライダーにジェットエンジンがついてます。
昨夜は翼端に花火を付けてましたが今日はスモークです。

Img_3518
グライダーって無音のまま飛ぶのでジェット機に慣れてる身としては
非常に不思議な感覚がする。

Img_3560
USAF F-16CJのデモフライト。太平洋空軍のデモチーム。

Img_3583
昨日に続いてキレのあるフライトを披露。

Img_3596
C-27J 輸送機なのに軽快に飛びます。
入間のC-1のデモフライトみたい。

Img_3617
Jim Leroy氏のピッツアクロ。
アクロは撮ってるのも楽しいけど見てる方がもっと楽しい。

Img_3631
カリブー。 トナカイさん。

Img_3632

« April 2007 | Main | June 2007 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサードリンク

にほんブログ村

無料ブログはココログ